スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

串本産のフリソデエビ

串本と言えばフリソデエビ。
初めて串本へ赴いたときは、伊豆ではなかなか見れないフリソデエビが見れると思って、フリソデエビ見たさで期待して潜りました。
しかし、生物というのは気まぐれで、昨日まで普通にいた生物も突然どこかに姿を隠してしまいます。
そして、自分が帰った翌日から普通に毎日登場します。

フリソデエビもそんな感じでした。
フリソデエビを見る為に串本で何本潜ったか・・・?
2~30本は潜ったんじゃないだろうか?

初めて串本で見たフリソデエビは巨大に見えました。
伊豆で目にする甲殻類と比べると、オトヒメエビクラスな大きさでした。

そこからは串本でも普通にフリソデエビに会えたり、伊豆でも時期によっては会えたり。

そしてこの前久しぶりに串本へ行った時は、フリソデエビが最近見れてないということでした。
ああ、なんだかフリソデエビに縁がないのか?

まあそこまでフリソデエビを求めてなかったので、他の生物狙いでエントリー。
そしたら、ガイドがスレートに「フリソデエビ、小さい!」って書いたので、小さい物好きな自分は1センチとかそれ以下の幼体を期待してしまったのでした。

残念ながらそこまで小さくなかったけれど、串本の巨大フリソデエビに比べたら小さくて可愛らしい大きさでした。
P1010647.jpg

甲殻類は大きくても2~3センチぐらいがいいなと思っています。
P1010648.jpg

フリソデエビは食べるヒトデの色で体の色も変わるらしいです。
串本のフリソデエビは、アミメジュズベリヒトデというオレンジ色っぽいヒトデを食べる事が多いようです。
なので、体の模様がほんのりピンク色になっている個体も。

伊豆で見れるフリソデエビは青が綺麗に見えます。
伊豆のフリソデエビはチャマダラホウキボシを食べる事が多いから、青が綺麗なんでしょうか?


使用カメラ:Panasonic TZ10
撮影地:和歌山・串本

ランキング参加してます。よろしければクリックしてください。
e_02.gif
スポンサーサイト

2011年07月12日 海_甲殻類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。